« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

ボジョレーヌーヴォー 解禁コンサート 2011

11月19日(土)、毎年恒例のボジョレーヌーヴォー解禁記念コンサートを行いました。
出演は芦野宏館長、ゲストに有光雅子さん、ピアノは小林ちからさん。

有光さんは高音もさることながら、低音の響きも美しく、とても深みのある歌声でした。また、伊香保に宿泊されたときのエピソードなど、楽しいトークも披露して頂きました。

芦野館長は「木立の中に秋がいる」「枯葉」などの季節のシャンソンを披露。また、「フラメンコ・ド・パリ」などの情熱的なシャンソンも。シャンソニエ全体が館長の歌声に魅了されていました。

ピアニストの小林ちからさんは「パリカナロ」「アルハンブラの思い出」などを熱演。赤ワインのような情熱的な演奏にお客様もうっとり。

素敵な音楽とワインに酔いしれた1日でした。  M ・Twine

Img_0897

Img_0910_2

Img_0916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

広瀬節子と仲間たち~錦秋の日本シャンソン館をたずねて~

10月30日(日)午後2時30分より、広瀬節子と仲間たち~錦秋の日本シャンソン館をたずねて~を行いました。

出演は広瀬節子さん、安藤くみさん(ゲスト)、江口純子さん(ピアノ)、生徒の皆さん。スペシャルゲストとして芦野宏館長。

1部は生徒さんの発表会。日頃の練習の成果を存分に発揮されていました。

2部は広瀬節子さんと安藤くみさんのステージ。お二人の華やでパワフルな歌声がシャンソニエに響き渡りました。

スペシャルゲストの芦野館長は秋の訪れを感じさせるシャンソンを披露。しっとりとした歌声はお客様を魅了していました。  M・Tflair

Img_0882

Img_0883

Img_0889

Img_0894_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

ボージョレ・ヌ−ヴォ−2011 解禁

201111170012_

 庭園にあるケヤキの大木が褐色の葉を落としはじめ、
秋の深まりを感じられるようになりました。
11月はボージョレ・ヌーヴォー解禁の時期、
フランスからの空輸便の到着を伝えるニュースが届いています。
日本シャンソン館でも、新酒(=ヌーヴォー)の解禁を迎える催物を行います。
13年目の「フェットゥ・デュ・ヌーヴォー」です。

 ボージョレ・ヌーヴォーはフランス南東部に位置するボージョレで、
収穫されたブドウの出来具合を確認するために、
特別な方法で速やかに醸造され、数週間後には飲むことができる、
通常とは異なる製法の早飲み用ワインです。
 <11月第3木曜日>がヌーヴォーの解禁日とされているのは、
特別な製法で作られた新酒がちょうどその頃に飲み頃を迎えるためです。
そして、業者間でまだ若すぎる味の新酒を
競っていち早く売りに出すようなことにならないよう、
発売の足並みをそろえることからも解禁日が決められています。
しかし、そのおかげで待ちどおしく過ごす、時季の慣習にもなってきました。

 今年の解禁日は11月17日の木曜日、 
この日よりカフェ「ロゾー」ではボージョレ・ヌ−ヴォーをご用意できます。

 毎年異なる製造者のヌーヴォーを味わっていただけるよう、
いろんな銘柄をソムリエに推薦してもらうのが当館の意向でしたが、
今年もリピートしたいという熱い声もいただくほど毎年の出来が良い
好評の 「ドメーヌ・レ・グリフェ」 を3年連続で仕入れることとなりました。
熟した赤い果実が溶けこんだ表情豊かな香りで酸味はほどよくフルーティですが
かつパワフルな濃密で果実味豊かな味わいです。
熟度が高くて飲みごこちのよいのが、このボジョレー・ヌ−ヴォ−です。 

  「ドメーヌ・レ・グリフェ」 は、ひとつひとつのブドウ畑の区画は小さいながらも、
各所にさまざまな区画を所有しているおかげで、
年の出来に大きく左右されない抜群の安定感があります。
採れたブドウの個性を十分に理解している生産者により、
その味わいを最大限に表現されたボージョレ・ヌーヴォーができあがります。
可能なかぎり手作業で行う古き良き伝統的な農法と、
最新の知識を携えた革新的な醸造との融合により、
質の高いワインを作りつづけています。
毎年のようにボージョレ・ヌーヴォーのコンクールにおいて、
受賞または上位に入賞と、その力を見せつける世界に認定された一本です。
ヌーヴォーは解禁日まで味見をするのが不可能ですが、
「ドメーヌ・レ・グリフェ」 の出来映えに間違えないことがうかがえます。

 そして、週末には「ボージョレ・ヌーヴォー解禁シャンソンコンサート2011」を行います。
ゲストはフランス語での歌唱もたいへん評価の高いシャンソン歌手の有光雅子さん、
ピアニストはフランスの地でもリサイタルなどで活躍をおさめた小林ちからさん、
ボージョレ・ヌーヴォーのような、軽やかでさわやかな芦野宏館長が出演します。

ボージョレ・ヌーヴォー解禁シャンソンコンサート2011
出演:芦野宏 有光雅子
伴奏:小林ちから
日時:2011年11月19日(土) 午後2時 開演
会場:日本シャンソン館「ヴェルメイユ」
料金:一般5,000円/友の会会員価格4,500円
主催:日本シャンソン館

ご予約 0279-24-8686

Hp20111119_01

 コンサートを聴かれる方には特典として
ボージョレ・ヌーヴォー「ドメーヌ・レ・グリフェ」をグラスワインで、
カフェ「ロゾー」にてコンサートの前後にサービスいたします。
ワインを召しあがらない方やお車を運転してお越しの方は
ノンアルコール・ワイン、グレープジュースもご用意しています。
晴れた暖かい日であれば、テラス席をご利用するのもおすすめです。

 スタッフ一同、みなさまのご来館をお待ちしています。
 (企画担当)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »