« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月12日 (月)

ボージョレ・ヌ−ヴォ−2012 解禁

2012

 日本シャンソン館ではボージョレ・ヌーヴォー解禁イベント
「フェットゥ・デュ・ヌーヴォー」開催にあわせ、
フランスから出来たての新酒、ボージョレ・ヌーヴォーをご用意します。
 
 ボージョレ・ヌーヴォーはフランス南東部に位置する土地ボージョレで、
収穫されたブドウの出来具合を確認するために、
特別な方法で速やかに醸造され、数週間後には飲むことができる、
通常とは異なる製法の早飲み用ワインのことです。

                   *

 数多くの新酒のなかから、ソムリエの斉藤氏にセレクトを依頼して仕入れたのは、
そのおいしさからすでに当館では定番となりつつある、
大好評の 「ドメーヌ・レ・グリフェ」 です。
ボージョレ・ヌーヴォー唯一のコンクールにおいて、毎年受賞または上位に入賞し、
世界的にも認定されたワンランク上の一本です。

 このボージョレ・ヌーヴォーを作っているのは、
1800年以前より10世代以上に渡って珠玉のワインを世に送りだしてきた、
現当主ピエール・デュルディリの家系です。
古き良き伝統的な農法と、最新の知識を携えた革新的な醸造との融合により、
量は少ないながらも質の高いワインを作りつづけています。

 ボージョレ産ワインを対象とするコンテスト、
「コンクール・デ・グラン・ヴァン・デュ・ボージョレ」 においても、
前年度産のドメーヌ・レ・グリフェが金賞・銀賞・銅賞と
史上初の同一カテゴリーを独占受賞し、
他を圧倒する高い品質を持っていることが証明されました。
同じ生産者ならではのボージョレ・ヌ−ヴォ−は、土地の個性を見事に表現した
本物のボージョレのワインの要素をすべて備えた味わいとなっています。

                   *

 例年のことながら、ブドウの生育期間中、
天から与えられた試練によって影響がありますが、
今年は特にヒョウが多く降ったり、めまぐるしい気象の変化に見舞われたり、
とくにきびしい条件で、収穫量はとても少なく、
ヌーヴォーの生産量が例年の半分ほどに減ってしまったようです。

 ヌーヴォーの手配をしてもらったソムリエ斉藤氏に話をうかがうと、
収穫までの天候がもち直せば、良い品質のブドウができる可能性もあり、
今年も冬の悪天候ののちに、その後の天候がおおむねよくなったようなので、
期待ができるかもしれません。
果実の小ささと収穫量の低さによって、ブドウの凝縮度が高まれば、
良質なブドウとなるそうです。

 ボージョレ・ヌーヴォーは11月15日(木) が今年の解禁日です。

 熟した赤い果実が溶けこんだ表情ゆたかな香り、
酸味はほどよくフルーティでいて濃密で、
熟度が高くて飲みごこちのよい新酒です。
ほかのヌーヴォーとは明らかに一線を画す、圧倒的なクオリティの素晴しさは、
口にした人々の記憶に強烈な存在感と充実感を鮮烈に刻みこむほどです。

 解禁日当日より、ヌーヴォーは
カフェ「ロゾー」メニューにも期間限定で載りますので、
この機会に2012年のヌーヴォーの出来映えをお試しください。

                   *

 そしてその週末には、
ヌーヴォー解禁イベントとして、コンサートを開催します。
お招きしたのは、シャンソン歌手の白木ゆう子さん、
美しく魅力的な歌声を、佐藤金之助さんのピアノでお楽しみください。

   ボージョレ・ヌーヴォー解禁シャンソンコンサート 2012
   日時:2012年11月18日(日) 午後3時 開演
   会場:日本シャンソン館「ヴェルメイユ」
   出演:白木ゆう子 佐藤金之助 (伴奏)
   料金:一般5,000円/友の会会員価格4,500円 ワンドリンク付き
   主催:日本シャンソン館
      ご予約・お問いあわせ >>> 0279-24-8686
      (チケットは残りわずかです)

Hp20121118_00


 コンサートをお聴きになる方にはワンドリンク(無料) 付きで、
ボージョレ・ヌーヴォー「ドメーヌ・レ・グリフェ」のグラスワイン、
もしくはノンアルコール・ワインをサービスいたします。

 ただし、ドリンクは公演中に召しあがることはできず、
別棟のカフェ、ロゾーでのご提供となりますので、あらかじめご了承ください。
(入館時の受付にてお渡しするドリンクチケットをカフェにお持ちください)

 ランチを召しあがる方なら、ドリンクのヌーヴォーを食前酒にもできますので、
その際にドリンクチケットをお使いになるのもおすすめです。

 お時間のある方なら、コンサート終了後にゆっくりとお召しあがりください。
カフェではワインに合うおつまみや、限定のデザートなどもございます。
日差しのあたる午後ならテラス席でもあたたかいので、
気温が高い日なら、外でワイングラスを傾けることもできます。


 館の中庭はケヤキの大木が枯葉を落とし、
オレンジ色の絨毯を敷いて冬支度を始めているようです。
シャンソンとワインを愉しみに、
初冬のシャンソン館へ足をお運びください。
スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしてしています。

                     (企画担当)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

11月 カフェ メニュー

カフェロゾーより、11月限定のメニューのご紹介shine

クレーメ・ダンジュ 一般価格400円 友の会会員さま360円

Photo_2

クリームチーズにメレンゲとクリームを合わせたふんわり優しい口当たり。
フランボワーズソースが程よいアクセントになってます。


【クレーメ・ダンジュの話】
パリから電車で西へ行くこと約1時間、車窓から見えるのは、どこまでも続く緑の牧草地と青い空。
ゆったりと流れるロワール川のほとりにアンジュ。
素朴で温かみある、自然豊かな街並みです。
クレーメ・ダンジュはそのアンジュ地方のクリームチーズをホイップして作られるフワフワした食感が人気の郷土菓子。
フランスでは 「神様のごちそう」とも呼ばれている人気のデザートなんです。


期間限定になりますので、是非御賞味下さい。

CAFE HIROKO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »